2014年10月08日

養蜂日誌 その5

DSC03120.JPG

期間があいてしまいましたが、

ミツバチ達は元気にしております。

先日の台風で、

花の花粉や蜜が飛ばされていやしないかと

若干の心配をしておりましたが、

足に花粉を付けて戻ってくる働き蜂が多く見られたので、

ちょっと安心しております。

DSC03121.JPG

写真の巣箱ではありませんが、

断続的にオオスズメバチの襲撃があり、

巣箱の中に引っ込んでしまっている群れもあります。

DSC03122.JPG

毎年のことですが、巣の入り口のところに、

オオスズメバチ対策の捕殺器を仕掛けて、

嵐が過ぎるのを待つばかりです。

DSC03123.JPG

かと思えば、ニホンミツバチの方には何も来ていません。

不思議なものです。

では、また手(パー)
posted by ブンガクシャ at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

養蜂日誌 その4

DSC03049.JPG

とても暑い日が続いていますが、

ミツバチ達の活動に休みはありません。

夏は、気温が高く晴れ間は多いですが、

蜜源となる花が少ないため、

ミツバチ達にとっては、冬と並んでハードな季節ですたらーっ(汗)

そんな中、今日も忙しく巣を出入りする姿が見られます目

DSC03051.JPG

一方のニホンミツバチ達も忙しく活動していますが、

DSC03053.JPG

こちらは注意が必要です。

以前の日誌でもご紹介したかもしれませんが、

ニホンミツバチは、西洋ミツバチに比べて、

非常に繊細で、暑さや騒音なども度が過ぎれば、

一夜のうちにいなくなるということがあります人影

7月は、人だけでなく、ミツバチ達の環境にも、

より注意が必要なのです目

皆様もお体ご自愛ください雪

では、また手(パー)
posted by ブンガクシャ at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

養蜂日誌 その3

6月(雨が多かったので、良いタイミングを逃してしまい、

写真が7月の日付になっております)、

梅雨のジメジメした天気の中、

ちょっとの時間でも晴れ間を見つけると、

ミツバチ達は飛んでいきますかわいい

DSC03037.JPG

さて、写真をご覧になって、

お分かりの方がいらっしゃるかもしれません目

(黒と黄色の割合が、多くの方がイメージするミツバチとは、

逆になっており、全体として黒っぽく見えると思います)

今回は、ニホンミツバチのご紹介です。

ニホンミツバチは、日本の在来のミツバチで、

日本の環境に強く、日本の広い範囲に生息しているのですが、

その分、どこでも暮らせるため、

ちょっと気に入らないと、すぐに巣箱からいなくなってしまいますダッシュ(走り出すさま)

これまで、何度か逃げられてしまうなどしてきましたが、

今年も懲りずに、分蜂群を分けていただき、

居ついてくれるように、つかず離れず、

一定の距離を保ってニホンミツバチの養蜂に挑戦しております猫

DSC03036.JPG

機会を見つけて、西洋ミツバチだけでなく、

ニホンミツバチの方もご紹介していければと思いますぴかぴか(新しい)

今日は、この辺で手(パー)

では、またかわいい

DSC03035.JPG
posted by ブンガクシャ at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。