2014年09月24日

七夕に夢を託して

先日ちょこっとご紹介した七夕の飾り。
今回はそのお話の続きです。

雨の多い時期だったので、屋内に飾りました。
5メートル近くはある大きな笹。
これは地元の小学校に生えていたものです。

DSC00736.JPG

譲ってもらうべくお願いしたら、
なんと副校長先生が切っておいてくれました。
皆、時間の合間をみつけては、飾るものを作り、
七夕飾りを楽しみました。


DSC00719.JPG

当初は材料選びに時間をかけ、
道具を駆使して作っていましたが、
途中から飽きてきたのか、
あそび始めた子がちらり、ほらり。

DSC00725-1.JPG

それでも、短冊に夢を書いている時だけは、
みんな真剣に書いています。

書かれたことを、覗いてみました。

ある子は、剣士になることを。
ある子は、毎日健康に過ごすことを。


DSC00762-1.JPG


どうやら大先生は、いつも腹いっぱい食べることを
お願いしたみたい。

皆の本音が、垣間見えた七夕になりました。
posted by ブンガクシャ at 17:54| Comment(0) | 文楽舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。